スキルを生かせる工場を紹介してくれる大阪府の派遣会社の紹介サイト

派遣社員のニーズと紹介予定派遣

人材派遣業は、今の時代にとてもマッチした働き方です。どこの会社も、正社員を多数雇う人件費の余裕はあまりありません。右肩上がりの成長企業ならまだしも、そうではない普通の中小企業は特にそうです。

しかし、人材がいなければ労働力を確保できないため、その分ピンポイントで人を雇います。そのとき頼りになるのが、人材派遣業を営んでいる人材派遣会社です。

例えば仕事がたくさんあって猫の手も借りたいぐらい忙しいときは、人材派遣業者を利用して派遣労働者に働いてもらいます。派遣労働者はあくまで忙しいときだけ働いてもらう臨時の労働者ですので、それほど難しい仕事は任せられないです。

難しい仕事は自社の社員に任せ、それ以外の誰でもできるような単純作業を人材派遣業者の社員にしてもらいます。そうすることでたとえ仕事がたくさんあっても円滑にこなすことができ、無事にやり遂げられます。

人材派遣業者は、派遣社員をいろいろな会社へと派遣します。そうして人材を派遣することで、利益をあげています。これからの時代は、臨時で働いてくれる派遣社員の存在が労働力として欠かせません。その傾向はさらに強まっていくことが見込めますので、現代に人材派遣業は必要不可欠です。

2000年に「労働者派遣法」が改正され、「紹介予定派遣」が解禁されたことに伴って、最近増えてきているのが「新卒派遣」です。大学生の中には、企業紹介サイトなどに掲載されているいわゆる大企業や上場企業では、全国各地に転勤があったり、配属先が自分の希望通りにならない場合があるという現実を知り、もっと違う働き方をしたいと思っている人が増えています。

そこで、大学を卒業後、紹介予定派遣で働く「新卒派遣」という方法が注目されています。ただし大学を卒業しただけでは、すぐに会社で働けるような知識を持っていないため、人材派遣会社がビジネスマナーやビジネスシーンで必要なソフトの使い方について研修を行うなど、サポート業務を行っています。

会社側は、新入社員を研修するために、ある程度時間をかけていく必要がなくなるので、ニーズが多くなっています。「新卒派遣」を選ぶと、一定期間は派遣スタッフとして就業するので、その会社が自分の希望にあったものか、能力をいかせる仕事なのかをゆっくりと考えることができます。

その後、自分の希望に合っていて、企業側も人柄や仕事に対する姿勢を評価した場合、派遣先の企業の社員として採用されることになるので安心です。新卒採用をしたのに、すぐに離職してしまうというミスマッチを防ぐため、「新卒派遣」を積極的に利用する企業も増えています。
TOP