スキルを生かせる工場を紹介してくれる大阪府の派遣会社の紹介サイト

人材派遣会社を利用する人とは

■人材派遣会社に登録して働く人

アルバイトを探している学生さんにオススメしたいのが登録型の人材派遣派遣で働く事です。短期、単発のお仕事で土日だけ、夕方からの短時間だけという働き方が選べるからです。派遣で単発のお仕事に就業するには派遣法の日雇い派遣禁止例外事項の該当が必要となりますが、昼間の学生さんなら該当があるので問題ありません。

実際に多くの学生さんが派遣でお仕事をしています。単発でお仕事をする事はメリットも沢山あります。学校のスケジュールに合わせて仕事が出来ます。また、色んなお仕事をやることにより経験値を積むことが出来るなどです。実際に単発のお仕事なら、キャンペーンやイベントのお仕事、簡単な軽作業などがあるでしょう。

コールセンターなどのオフィスワークであれば学校が終わった夕方から短時間で週3回くらいのシフトのお仕事もあります。この様な働き方を選ぶのは専門学校生が多い様です。派遣会社も沢山ありますから、一つの派遣会社だけでなく複数登録するとお仕事を選ぶ幅が広がるので良いと思います。

また、注意ですが、お仕事をする時はしっかりと契約内容を確認することを忘れない様にしましょう。派遣会社から貰える就業条件明示書は大切に保管してください。何かトラブルになった際には必要となります。

■人材派遣会社を利用する個人事業主

人を派遣することで労働力を提供している人材派遣業の取引先は、必ずしも大人数を抱える企業ばかりとは限りません。そもそも大人数を抱える企業なら自社の従業員だけで何とかなる場合も多いので、人材派遣業をわざわざ利用する必要性はなかったりします。

しかし、例えば個人事業主の場合は、そういうわけにいかないです。仮に外回りの営業をしている個人事業主だったら、内勤の事務スタッフが足りません。それを外回りが終わった後に本人がしていたら、言葉通り1日中休みなく働かなければいけなくなってしまいます。

かといって本格的に内勤の事務スタッフを採用してしまったら、その分長期的な人件費がかさんでしまいます。また、個人事業では業績がどうなるかわからないですし、事務スタッフを雇ったとしても仕事の保証がなかなかできないです。

その点人材派遣業なら、必要な時に必要なだけスタッフを派遣してもらうことができます。どうしても自分で内勤の事務仕事をすることができないなら、その期間だけ人材派遣業を利用することができます。

それなら必要最低限の人件費で済みますし、もともと派遣なので短期間の労働になっても問題ありません。ですので、個人事業主をしている人は、人材派遣業を利用する機会が少なくないのです。
TOP