スキルを生かせる工場を紹介してくれる大阪府の派遣会社の紹介サイト

人材派遣ビジネスの市場について

人材派遣ビジネスの市場規模は、2015年度には3兆9000億円ほどであったと推測されています。年々規模が拡大する傾向が見られ、依然として成長余地のある業界と考えられています。こうした規模拡大を後押しているのは規制緩和です。2015年9月施行の改正労働者派遣法により、従来は派遣期間の制限がなかった専門26業務の枠組みがなくなりました。

重要な点は、1人の派遣労働者が1か所の職場で働き続けられる期間は、最長で3年までと決まったことです。これにより雇用の流動性が高まり、人材派遣業の需要が高くなっています。今後もこの状況は変わらないと考えられています。需要の高い業務を見てみると、専門性があるなど付加価値の高い分野が特に需要の伸びが高いです。一方で事務職などの業務はあまり伸びていません。

こうした事実から見えてくるのは、今後の人材派遣にはスキルを持つ人材ほど重宝されるだろうということです。また高度なスキルを持つ派遣について、企業は手放したくないと考えます。そこで派遣を正社員として採用したり、人材紹介業が活発に利用されたりしています。人材派遣に限らず、人材に関するビジネス全体の市場規模は、2016年には7兆を超えるほどであったと予測されています。人材ビジネスの規模の大きさが数字にはっきりと表れています。

■ 企業側が人材派遣会社を活用するメリット

最近では多くの日本の企業が人材派遣会社を活用していますが、どのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで企業側が人材派遣会社を活用するメリットを挙げていく事にしましょう。

・必要な時だけ人材を入れる事が出来る
企業にとって人材が必要な時期と必要ではない時期があるので正社員で採用してしまうとデメリットになってしまいます。しかし人材派遣を活用して派遣社員として採用すれば必要な時だけ働いてもらう事が出来ます。仕事の効率が良くなりますし人件費も節約する事が出来るのでメリットになります。

・即戦力として働いてもらう事が出来る
新卒で採用する時は育成からスタートする事になるので時間と費用がかかってしまいますが、人材派遣を活用して派遣社員として採用すれば即戦力として働いてもらう事が出来ます。育成などをする時間や費用を削減する事が出来るのでメリットになります。

・労務管理の手間が省ける
人材派遣を活用して派遣社員として採用すれば労務管理は派遣会社がするので労務管理の手間が省く事が出来ます。仕事の能力だけ効率良く活用する事が出来るのでメリットになります。企業側が人材派遣会社を活用するメリットはこのようにあるので今後も人材派遣会社を活用する企業が増えてくるでしょう。
TOP